探偵業とは

探偵業ってどんな仕事?

探偵業は、「探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)」において、“他人の依頼を受け、特定人の所在又は行動について情報を収集することを目的として、面接による聞込み、尾行、張込み等により実地調査を行い、その結果を当該依頼者に報告する業務”と定義されています。これには具体的に、探偵事務所・興信所・調査会社などが該当します。
聞き込み調査の様子

近年、熟年離婚をはじめとする離婚の増加、さまざまなトラブルによる民事上の相談件数の増加、ストーカー・DV行為などの犯罪の増加、失業率悪化に伴う犯罪増加など、時代の変化とともに、多種多様なトラブルが続発しています。こうした背景から、探偵業の需要は徐々に高まっており、今後もそのマーケットは拡大していくものと予想されます。

探偵業に景気の好不況は関係ありません。むしろ、不景気な世の中になればなるほど、凶悪事件や巧妙な詐欺事件が多発するため、「問題を抱える会社」や「悩みを持つ個人」が増加し、需要が増える傾向にあるのです。
探偵業を取り巻く環境

以前は、探偵を始めようと思えば、特に制約なく素人や副業、アルバイトでも、自由に「探偵」を名乗ることができました。しかし、2007年6月に「探偵業法」が施行されてからは、一定の条件を満たし、所在地の警察署を通じて公安委員会に届出をしなければ探偵業法違反となり、処罰の対象となるようになりました。

また、届出以降も、警察の立ち入りの受け入れが必要となるほか、法律上の備え付け書類や契約書、重要事項説明書などを交付しなければ、行政処分や刑事罰の対象となります。

つまり、これからの探偵には、調査スキルや技術はもちろんのこと、より高い社会性・信頼性が求められてくるのです。
主な業務内容

浮気調査、盗聴発見、行方調査など、探偵と聞いて一般的にイメージされる業務のほか、企業調査、いじめ問題、ストーカー対

卒業後の進路と起業についてはこちらから

 

探偵業法について

2007年6月1日に「探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)」が施行されました。同法は、暴力団関係者が関与している業者の排除や、消費者保護などを主な目的とし、探偵業を行なう場合には、各都道府県の公安委員会に届出を義務づけることが主な柱となっています。

探偵業法についての詳細はこちら

 

更新日:

Copyright© 探偵養成スクール六本木校 , 2019 All Rights Reserved.